令和3年度 特別支援学級への入級について

特別支援学級への入級については、定員に空きが出た場合のみ対象児童判定のための入級審査を実施いたします。

1.台北日本人学校の基本方針
 台北日本人学校小学部では、「心身の発達に『障がい』があり、特別な配慮を要する児童」を受け入れています。しかしながら、本校は海外における私立学校であり、日本の公立学校と同等の条件整備はできません。従って心身の発達に『障がい』があり、特別な配慮を要する児童の全てを受け入れることは困難な状況です。よって、医療的ケアが必要な児童や身辺自立に支援が必要な児童、または強度行動障がいの児童につきましては、受け入れることができない場合もあります。
 また、本校の特別支援学級の定員は4名です。定員を超す場合は入級できません。特別な配慮を要する児童の入学(編入学)につきましては、台北日本人学校就学指導委員会で検討し、受け入れを決定致します。支援体制及び施設・設備面により、受け入れをお断りする場合もあります。
2.令和3年度の申し込みについて
 特別支援学級への入級の申込み受付けを、令和2年9月1日午前10時(台湾時間)より開始し、令和2年9月30日午後4時(台湾時間)を締め切りとします。
申し込みメール受領後、3業務日以内に学校より受付完了メールをお送りします。
万が一、3業務日以内に受付完了メールが届かない場合はお手数ですが、再度ご連絡ください。
下記(1)-(8)の内容を記入の上、メールでお申込み下さい。定員は、4名です。定員に空きが出ることが確定した場合は、お申し込みいただいた方に、申し込み順(9月1日午前10時以降、本校にメールが届いた順)で連絡をさせていただき、面接・審査を行った上で決定をさせていただきます。
申し込み順となりますので、入級児童が決定し、定員に達した時点で面接・審査を一旦終了させていただきます。
(例)申し込み順1番目の方が入級決定した場合、2番目以降の方の面接・審査は行いません。
 年度途中で定員に空きが出た場合(時期にもよりますが)は、令和2年9月1日~9月30日の間にお申し込みいただいた順に連絡させていただき、面接・審査を行います。
 令和4年度の入級希望の方は、令和3年9月1日~9月30日の間にお申し込みください。

(1)本人氏名(よみがな)・性別・生年月日
(2)家族構成(現在の年令・学年等)・保護者の勤務先
(3)現在在籍している学校・園(住所、電話番号)
(4)障がい種別が明記された診断書の写し等
  (判定を受けた専門医・専門機関等の名称及びその時の年令)
(5)障がいの概要及び支援状況(学校・園での様子を含む)
(6)希望する支援の内容
(7)台北への赴任予定時期(既に在住の方は着任年月)
(8)連絡先(住所・電話番号・Fax番号・メールアドレス等)   
  ※記入漏れのないようお願いします。

3.備考
特別な支援を要する児童は、必ず入級審査を受けていただかなくては編入学できません。
また、特別な支援を要するお子様の入級審査は、定員に空きができた場合のみの実施ですが、申込み受付は年一回の実施ですのでご留意ください。
4.「特別支援学級への編入学」申し込み及び問い合わせ
申し込み受付先及び特別支援に関するお問い合わせ

連絡先:台北日本人学校
住所:中華民国台北市士林区中山北路6段785号
TEL: +886-2-2872-3801(内線事務室101 職員室105)
e-mail:kyoutou@tjs.tp.edu.tw
担当:特別支援教育コーディネーター または 教頭まで
FAX: +886-2-2873-6744(事務室101) +886-2-2871-8554(事務室)

※申し込みからの流れ

tokubetushien_zu02
※申し込みいただいた方には、10月30日の時点で令和3年度の定員に空きが出るかどうかの見込みを一度メールにてお知らせします。10月30日の時点で定員に空きが出なかった場合でも、その後、定員に空きが出た場合は、随時お知らせし、入級審査を行います。